JRCについて

協会概要

人の身体の施術って難しい...。
根本療法を身につけるには、相当の年月と努力が必要...。

そんなことはありません。リッチーケアメソッドが、そんな悩みを解消しました!

元来、施術法は秘伝とされ秘密でした。しかし、それではどんな素晴らしい施術も埋もれてしまいます。
施術の本来の目的は、苦しんでいる人たちを救う方法であることです。
プロの施術法は、自分だけの秘伝であってはならないと私たちは考えています。

とはいっても、素晴らしい施術法を身につけるのはたいへんなこと...そう思っていませんか。
こんな従来からの問題を、日本リッチーケア協会では解決しました。

日本リッチーケア協会主催の「スペシャリスト講座」を行っております。
詳細は、認定講座について(http//:www.jrc-a.net/seminar.html)をご参照下さい。
そして、私たちの出来る社会貢献として、この方法を広く世に広めて参ります。

また、病気にならない生活養生は存在しても、簡単で手軽で、誰でもが身につけることの出来るセルフケアはありませんでした。
効果的なセルフケアが存在しない理由はひとつだけです。
それは、ツボなどの場所を間違えずに、的確にアプローチ出来ないからです。
例えば、ツボをきちっと捉えることは、プロにとっても難しいことです。

リッチーケアメソッドは、そこを解決しました。誰でもツボを外さず行うことが出来るのです。
そして、諸病の根本である「首こり」を緩和することが可能になりました。
他に類を見ないセルフケアたる所以です。自分だけでなく近親者の方にもしてあげられます。
その、セルフケア法を「ホームケア講座」として、お伝えしています。

多くの皆様が、リッチーケアメソッドを身につけ、若さ・元気・健康を維持できる様に、
多くの施術者が、皆様の若さ・元気・健康を維持に活躍されることを楽しみにしています。

リッチーケアとは、一般社団法人日本リッチーケア協会(JRC)が提唱する、ケアメソッドの総称です。

理事長挨拶

仲野 堯富(Nakano Kazuto)

ひとりでも多くの施術者に「リッチー・プロケア」を習得し、役立てて頂きたい。
ひとりでも多くの皆様に「リッチー・セルフケア」を習得し、役立てて頂きたい。
そして、全ての人が健康と健全を享受出来ます様に。

その想いを形にするため、日本リッチーケア協会を立ち上げました。

37年の臨床経験を通じ、対症療法だけでなく、すべての病気や症状の根本にある原因を解決する施術法の必要性を痛感していました。
開院以来、長きに亘り多くの鍼灸師を雇い入れ育成に心血を注いで参りました。しかし、そこには大きな盲点がありました。

治療院の業務をこなしながらの技術習得は、集中して体得すると言う目的に対しては、どうしても中途半端になってしまうのです。
この壁を打破し、パーフェクトに技術を習得するには、セミナーを受講していただくことが最良だと思うに至りました。

私たちの仕事は、技術を磨き切磋琢磨し名人を目指して日々努力を重ねて行く仕事です。ところが、何十年もキャリアを積んでも名人になれる人は本当にほんの一握りです。
また名人芸といわれる技は、わざと隠して自分の技術を盗まれない様にしてしまう古い体質もあります。

しかし、これでは技術という宝物が埋もれて行ってしまいます。
この壁を打破するために、きちんと学べば名人クラスの技術が手に入る治療技術と習得のノウハウを開発しました。

併せて、自画自賛出来るほどのセルフケアを開発しました。
セルフケアによって病気が予防出来て不快な症状から解放され、日々ハッピーで過ごせれば、大きな貢献となります。

また、セルフケアとプロケアの連携によっての、より根本的な解決法は病苦に苦しむ皆さんの福音となるでしょう。
早く治したら商売上がったり的な貧しい発想でなく、本来はボクらが活躍する必要の無い世の中が良い訳ですから、手を携えてその実現に邁進して参ります。

歯磨きや手洗いと同じ様に、セルフケアが当たり前の習慣となる様に頑張ります。
このリッチーケアメソッドが広まれば広まるほど、病気の予防に役立ち、病気になっても軽症で済み、質の良い施術が受けられる様になります。

これは施術者の方にとっても、利用者の方にとっても大きなメリットとなり、社会貢献になりうるものと自負しております。
多くの皆様の受講を楽しみにしております。

日本リッチーケア協会 理事長

仲野 堯富

目的

真の癒しが求められている時代を背景に、真の施術を通じて社会に貢献することを目的といたします。
受療者の皆様の健康と健全を実現しながら寄り添い、幸福な人生を分かち合うことの出来る施術者を輩出し、施術者と受療者の良好な関係を構築しながら、受療者の皆様の真の幸福を実現して参ります。

施術者は、独立開業すると孤独に陥りがちです。
それと共に必要な情報にも接することが出来ず、情報が氾濫している現代にもかかわらず、ともすれば必要情報難民化してしまう危険性をはらんでいます。
それでは、技術の停滞を招くばかりでなく、技術が後退してしまう可能性さえあります。
これでは社会貢献に値する施術の提供は不可能となってしまいます。

受療者は、ご家族共々に、施術者による施術を受けないでも「元気で」「健康で」「若々しい」人生を送り続けられることが理想です。

その実現には、普段から「安全で」「短時間で」「誰でもが」「どこでもできて」「とても効果的な」セルフケア法を行なう事が必須です。しかし、そのようなセルフケア法は存在しませんでした。
リッチーケア協会の提唱するセルフケア法は、その問題をクリアしたセルフケア法を開発しました。

これらの問題を、協会活動を基に共有して行くことで克服し、良好な施術コミュニティ活動を通じ、より効果的な施術の共有へと発展させて参ります。

活動内容

  • セルフケア及びスペシャリスト講座の開催
  • 講師認定証の発行
  • 認定講師の開業支援及び運営・営業支援
  • 教材・教具の研究と開発
  • Richy Care Methodの普及に努め、協会の社会的地位の向上を目指す